ユニソン ガーデンエクステリア商品カタログ2018
2/470

我が家だけど、家のなかにはない。光や風を感じるのに、外ではない。公園や駅前広場などとは違う私ウチのためのソト。日本人は古くからこの「ウチノソト」を大切にしてきました。そこは子どもたちの遊びや学びの場だったり、光や緑、風など自然の恵みを取り入れる場所でもあったり、隣の人との会話が生まれる空間でもありました。共働き家族が増え、家の敷地が小さくなるにつれ、「ウチノソト」に寄り添う時間はとても少なくなりました。けれど、小さいながらもずっと存在するのはそこに心地良さを感じているからではないかと思うのです。人やまちとのゆるやかなつながりと、家族だけの閉鎖的な居心地の良さ。まちの音や季節の香りと、家族の話し声や美味しいごはんのにおい。「ウチノソト」にある、オンとオフの自分が入り交じる違和感が暮らしの心地良さを創っているのだと思います。仕事の時間も自分の時間も大切にするわたしたちにこそ毎日のリズムを整えてくれる、自分のためのこの場所が必要なのです。日々の暮らしを紡つむぐ「ウチノソト」を見つめ直し、今日という時間に丁寧に寄り添う暮らしを提案します。きました。もあったり、れ、した。うのです。閉鎖的な居心地の良さ。いごはんのにおい。じる違和感がちにこそ場所が必要なのです。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る