ユニソン ガーデンエクステリア商品カタログ2018
388/470

386組積材・張材周辺商品Walling・Wall Facing Tools〈製造元:(株)大建化学〉張材用接着剤(弾性1液型接着剤)ネオピタ#マンテン●変成シリコーンエポキシ樹脂を主成分とした弾性接着剤です。●弾性接着剤なので、下地に良く馴染み、収縮・膨張による浮き・割れ・剥離を防止します。●下塗りのネオピタ#マンテンがモルタル目地代わりとなるため、目地詰めが不要で工期も短縮されます。●コンクリート、サイディング材などのさまざまな下地に適応でき、しかも内装、外装問わず容易に張り施工ができます(詳しくは適用下地をご覧下さい)。●1液タイプなので混合する手間がかからず、取り扱いが簡単です。●健康を損なう可能性がある揮発性有機化合物(VOC)13物質を配合しない「健康住宅適応品」です。本体価格(税別) : 29,000円販売単位:18.0kg/箱 ※2kgパック×9個入り[塗厚5mmの場合]1㎡当り(税別):4,028円標準使用面積:約7.2㎡/箱(約2.5kg/㎡)[塗厚3mmの場合]1㎡当り(税別):3,222円標準使用面積:約9.0㎡/箱(約2.0kg/㎡)1.下地処理●モルタル下地の場合、下地精度が仕上がりに大きく影響しますので平面(2mあたり±2mm以下の誤差)に仕上げて下さい。※潤滑面、濡れた下地での施工は避けて下さい。●窯業系無塗装サイディング下地の場合、必ず防水対策用の防水テープにてジョイントして下さい。●下地面は付着している汚れ(油脂分、ホコリなど)の清掃を行い、整った下地表面状態として下さい。2.接着剤の塗布接着剤を下地面に5mm(スレーティアの場合3mm)クシ目コテのクシ目面にて塗り付け、コテの平らな面を利用して平面になるように仕上げて下さい。3.張り付け①張り付ける前に張材裏面の清掃を行って下さい。②張材裏面に接着剤を塗り付け、改良圧着張り工法で張り付けて下さい(1枚当り2kg以上の物はズレ留め処理を併用して下さい)。※気温5℃以下または38℃以上の所では十分な性能を発揮できませんので、使用は避けて下さい。※硬化速度の関係上、張り付けは接着剤塗布後、夏季は30分以内、冬季は60分以内に行って下さい。※約2㎡ごとに張材を一枚剥がし、張材裏面に接着剤が70%以上付着している事を確認して下さい。※接着剤の塗布不足は、十分な接着力、弾力性、耐久性が得られず、剥離事故の原因となります。③接着剤と張材が馴染むように十分な圧力を加え、よくもみ込み張り付けて下さい。※張材のズレは張り付け後30分以内に直して下さい。また、接着剤が張材の表面に付着している場合は、ウエスなどを用いて硬化前に拭き取って下さい。空目地仕上げ(目地詰めを行わない)施工方法[推奨] 空目地仕上げ(目地詰めを行わない)以外の方法でも施工できます。その他詳しい施工方法については資料がございますのでお問い合わせ下さい。施工手順Color variationグレーホワイト(全色艶消しとなります) [塗厚5mm] [塗厚3mm]・レジェンドストーンシリーズ ・スレーティア・レジェンドブリックNX・レンガ張材・磁器質タイル・陶器質タイル・せっ器質タイル など適用張材・窯業系無塗装サイディング ・押出成形セメント板・コンクリート、モルタル ・コンクリートパネル・コンクリートブロック※一部、窯業系無塗装サイディング材の中には適合試験を行っていないサイディング材もございます。適合サイディング材につきましては、資料がございますのでお問い合わせ下さい。適用下地・木造住宅3階建以上(13m以上)の外壁張り・5階建以上の外装張り・2階以上(3m以上)での重量張材(1枚当たり2kg以上)の使用・湿潤面、濡れた下地、水中での施工・アスファルト下地面 ・フッ素、シリコン樹脂塗布面・樹脂モルタル下地面 ・エマルジョン系プライマー塗布面・ガラス下地面 ・火気の近くや火に当る場所(暖炉など)・ポリエチレン、ポリプロピレン、 ・80℃以上になる場所(サウナなど) テフロン、Pタイル、塩ビなど ・有機酸にさらされる場所使用できない箇所NEW新商品注意点その他の注意事項巻末折返し P466組積材・張材周辺商品ネオピタ♯マンテン●使用について・使用した道具は硬化前にシンナー、アルコール、灯油などをウエスなどに濡らして清掃して下さい。・ジョイントテープ、防水テープ、防水紙は必ずブチルゴム系を使用して施工して下さい。・アスファルト系のジョイントテープは溶解の危険がありますので絶対に使用しないで下さい。・ ウレタン系のシーリング材や接着剤と同時施工しないで下さい。ウレタン系のシーリング材や接着剤の未硬化や著しい硬化遅延の原因となります。・ 接着剤が張材の表面に付着した場合、ウエスなどを用いて硬化前に拭き取って下さい。完全硬化後はシンナーを用いても除去が困難となります。・砂、水、他社品などの異物の混練は絶対に避けて下さい。・開封後は速やかに使い切って下さい。密封状態で保存しても硬化が進行することがあります。・ 接着剤の塗布量が標準使用量より少ない場合、十分な接着力、弾性力、耐久性が得られず剥離事故などの原因となります。・施工後、紫外線などにより色あせする場合があります。・火気の近くでは使用しないで下さい。・作業中の換気は十分に行って下さい。・ 吸水率の高いレンガおよび下地は、接着剤中の溶剤が染み込み、臭いがしばらく残ることがあります。●保管について・直射日光、雨露の当たらない屋内の冷暗所で貯蔵、保管して下さい。・使用期間は製造日より1年間です。カタログ説明P464商品の注意事項巻末折返しP466張 材組積材・張材周辺商品舗装材舗装材周辺商品ユニットウォールライティングポストサイン/サイン/サインインターホンカバーウォーターシリーズファニチャー/オーナメント施工資料

元のページ  ../index.html#388

このブックを見る