ユニソン ガーデンエクステリア商品カタログ2018
453/470

451ロジ洗い出しキット7.から拭き約1mm約13mm商品名塗り厚混水量塗面積ロジ洗い出しキット専用下塗モルタル上塗材(専用モルタル、専用種石)約1m2約1m2約0.3ℓ/袋約3.2~3.6ℓ/袋●施工にあたって用意していただくもの・モルタルミキサーなど・練りバケツ(20ℓ)・計量カップ・各種刷毛・各種金ゴテ・養生シートなど・スポンジ(30cm角程度)・スポンジ洗い用バケツ・ゴム手袋・スタイロフォーム(足場用)●練り混ぜ〈専用下塗モルタル〉規定量の水、専用下塗モルタルの順番で練りバケツに入れてモルタルミキサーで十分に練り混ぜて下さい。〈上塗材〉規定量の水、専用モルタルの順番で練りバケツに入れてモルタルミキサーで十分に練り混ぜて下さい。 専用種石を加えて十分に練り混ぜて下さい。規定水量範囲内で適度な固さに練って下さい。 ※本品の練り足しおよび水を加えての練り戻しは避けて下さい。●標準仕様表面を指で軽くなぞってみて種石が転ばないしっかりした硬化具合を見計らって下さい。表層が適度にしまるまでお待ち下さい。直射日光や気温、風の影響などで材料のしまり具合が変化します。(夏期 約30分程度)(冬期 約1時間程度)表層が適度にしまるまでお待ち下さい。直射日光や気温、風の影響などで材料のしまり具合が変化します。(約30分程度)1.下地・縁周りの処理下地の不陸(凹凸)、欠損部、クラック(2mm以上)などの不良下地は、あらかじめセメントモルタルなどで平滑に補修して下さい。 下地は十分に乾燥させ、表面の埃、油、土などの汚れを完全に除去して下さい。縁石やレンガなどで縁の処理を行って下さい。5.水打ちセメントペースト戻し・セメントペースト取り水打ちをしてセメントペーストをハケで戻します。この時、余分なセメントペーストは取り除いていきます。2.下塗材塗布モルタル・コンクリート下地に適度な水湿しをしてから専用下塗モルタルを約1mmの厚さでコテ塗りします。塗布後表面が乾燥するまでしっかりと養生させてから次行程に進んで下さい。4.水打ち・コテならし必ず水打ちをして仕上げコテでセメントペーストを浮かしながら、巣穴が無いように均します。この時、種石の頭を揃えるようにならします。6.拭き取りスポンジにきれいな水を含ませ、石の上のセメントペーストを完全に拭き取り仕上げて下さい。セメントペーストが少しでも残ると白く焼きつきます。3.上塗材塗付け上塗材を定規などを使用して規定厚に塗り付けて下さい。おっかけ目地の硬化(爪で跡が付かなくなった状態)を確認してから、きれいな布で表面をから拭きし最終の仕上げを行います。8.養生降雨などが予想される場合など必要に応じて養生シートなどで施工面が硬化完了するまで養生します。路床クラッシャーラン上塗材(専用モルタル、専用種石)コンクリート専用下塗モルタル伸縮目地■参考断面図施工手順張 材組積材・張材周辺商品舗装材舗装材周辺商品ユニットウォールライティングポストサイン/サイン/サインインターホンカバーウォーターシリーズファニチャー/オーナメント施工資料施工資料ユニットウォールライティングポスト ウォーターシリーズ張材舗装材サイン/インターホンカバー

元のページ  ../index.html#453

このブックを見る