ユニソン ガーデンエクステリア商品カタログ2018
454/470

452レジストーン■舗装材 [施工手順]4.天然石骨材の敷き均し3.天然石骨材とバインダーの混合2.プライマーの塗布1.下地・縁周りの処理下地の不陸(凹凸)、欠損部、クラック(2mm以上)などの不良下地は、あらかじめセメントモルタルなどで平滑に補修して下さい。下地は十分に乾燥させ、表面の埃、油、土などの汚れを完全に除去して下さい。縁石やレンガなどで縁の処理を行って下さい。プライマーを容器に取り、刷毛やローラーで下地に均一に塗布します。塗布量は1缶当り約1.1㎡が目安です。塗布後表面が乾燥するまでしっかりと養生させてから次工程に進んで下さい。ミキサーなどで天然石骨材を空練りし、攪拌しながらバインダーを投入して、約2~3分間均一に混練りを行って下さい。混練り完了の目安は、天然石骨材の全周にバインダーが付着したことが確認できる状態です。天然石骨材とバインダーの混合比率は、天然石骨材1袋に対しバインダー1袋です。バインダーは開封した時点から硬化が始まりますので、開封から仕上がりまでの作業は、30分を目安に迅速に仕上げて下さい。バインダーと混合した天然石骨材を施工面にレーキなどで10mm程度まで迅速に押し広げます。骨材が立たないように金ゴテで押さえ込みながら平滑に仕上げて下さい。すべり止め材は必要に応じ金ゴテ仕上げ後、バインダーが硬化する前に、適量を均一に散布して仕上げます。一度混合した天然石骨材は一箇所に放置しないで下さい。コテ滑りが悪い場合は、有機溶剤を染み込ませたウエスでコテを拭きながら仕上げて下さい。攪拌不足によるバインダーの偏りにより、硬化の際に白く発泡する場合がありますのでご注意下さい。・モルタルミキサーなど (天然石骨材とバインダー混合用)・刷毛またはローラーおよび容器・レーキ、金ゴテ・有機溶剤(洗浄用シンナーなど)・養生テープ、シートなど・ウエス・保護衣服・ゴム手袋・保護メガネ・有機ガス用防毒マスクなど・頭巾など●施工にあたって用意していただく物レジストーン路床クラッシャーランプライマーコンクリート縁石など■参考断面図5.養生仕上げ後、施工面が硬化完了するまで養生します。養生中は発泡現象の有無を確認し、状況に応じて除去して下さい。指触硬化時間は、温度により異なります。下記を目安として下さい。〔指触硬化目安時間〕冬期(5℃)   12~14時間春秋期(20℃)   8~10時間完全硬化までは、3~5日かかります。夏期炎天下での施工は、硬化が促進され可使時間が極端に短くなるため気温の低い日陰又は、早朝、夕方などに施工して下さい。■階段縁石などレジストーンプライマー10コンクリート施工手順張 材組積材・張材周辺商品舗装材舗装材周辺商品ユニットウォールライティングポストサイン/サイン/サインインターホンカバーウォーターシリーズファニチャー/オーナメント施工資料施工資料ユニットウォールライティングポスト ウォーターシリーズ張材舗装材サイン/インターホンカバーPaving

元のページ  ../index.html#454

このブックを見る